世界一大きなカンキツ類ともいわれる晩白柚(ばんぺいゆ)は、八代地方の冬の名産です。香りがよく、やんわりとした甘みのある果物です。
保存性が高く、食べごろになるまで1ヶ月も置いておけるという特徴も持っています。

この晩白柚の皮を煮込んで、グラニュー糖にまぶした和菓子が「晩白柚づけ」です。
材料にするのは、皮の内側についた白い中綿の部分です。厚さは1センチほどもあります。ここを長時間水炊きして、お菓子に仕上げます。
風味がしっかりしているのは外側の部分ですので、綿だけでは風味がありません。ですので、皮の部分を残して炊き上げるのですが、皮が多すぎると、アクの味が強く、美味しくいただくことはできません。この表面を残す加減が、難しいところです。
アク抜きには、水をかけながら煮る、水をかけながら煮る、という作業を最低でも三回は行います。
次に、砂糖を加え、ぐつぐつと煮込みます。これも、天産物ですので、時間が決まっているわけではなく、状態をみながらです。
味が調うと、グラニュー糖をまぶし、一週間以上寝かせ、乾燥させます。

出来上がりは、白い綿が砂糖を含んだ透明感のある黄色になり、水分がありますので、噛むと晩白柚の香りがじわっと染み出てくるようで、自然風味の羊かんといった印象です。

日本の菓子のルーツは、1000年以上も昔、平安時代にまでさかのぼるといわれます。当時の記録には、くだものや木の実、また、その加工品を「果子」や「菓子」と書き、「くだもの」と称していたそうです。くだものを煮込んで仕上げたこの「晩白柚づけ」には、和菓子の原点があるのかもしれません。

芳香でほのかな甘みのこの「晩白柚づけ」は、薄く切り、お茶席のお菓子としてもお召し上がりいただけます。

グラムで販売しております。写真の個数ではない場合があります。ご了承ください。

【原材料】晩白柚果皮、砂糖、トレハロース
【賞味期限】外包装に記載(賞味期限14日・発送日含む)
【保存方法】直射日光、高温多湿を避けて保存してください。


【用途】贈り物,粗品,開店祝い,お祝い,ブライダル,土産,ご進物,プレゼント,誕生日,内祝,引出物,出産祝い,お見舞い,御供え・お供え,ギフト,お取り寄せ,贈答用,母の日,父の日,敬老の日,ホワイトデー,結婚祝い,葬儀,法要,初節句,節句,七五三,入園・入学,卒業祝,就職祝,成人祝,金婚式・銀婚式,賀寿,厄払い,開店祝,栄転・転職,移動,定年退職,寿退職,引き出物,受賞,お中元・御中元,お歳暮・御歳暮,快気祝,ひな祭り,彼岸・お彼岸,お年賀・御年賀,端午の節句,子供の日,帰省,お盆,盂蘭盆,花見,選挙,受験,スイーツ

★晩白柚漬 木箱入 400g ★
晩白柚(ばんぺいゆ)の表皮を取り除き、果皮の海綿質を水炊きして、グラニュー糖を使い長時間炊き上げ、芳香でおいしい八代特産の菓子に仕上げられたものです。

1,600円(税込)